Helmeeのオンラインレポートシステムとは?

オンラインレポートシステムとは

北欧フィンランドに拠点を置くHelmee Imaging はめっき、塗装、サテン加工された表面の品質検査を専門にした外観検査機を開発、販売している。本日は、同社が検査機と共に提供しているオンラインレポートシステム(以下ORS)について説明したい。

めっきや塗装を行う際、めっき液や塗料、被塗装物や被めっき物、設備の不備などによって、特定の種類の欠陥が出現する。実際のめっきや塗装現場では欠陥の種類や発生時期を記録し、その原因をいち早く突き止めるよう努めている。

HelmeeのORSでは以下図のように同様な情報を外観検査機からパソコンへ自動で送信、記録する。

オンラインレポートシステムとは

検査開始時間、終了時間、検査個数、良品、不良品数といった基本的な情報の記録はさることながら、さらにその内容を一目で理解しやすいよう、様々な工夫が凝らしてある。例えば、欠陥の種類を一目で理解できるよう色別で示すことにより、以下のような円グラフでは緑が良品、赤が不良品、その欠陥は全て凹みによるものであることを瞬時に理解させる。

オンラインレポートシステムとは

その他にも以下のような時系列グラフを使用し、秒ごとに良品、不良品の数を記録している。二つのグラフによって、どの時期に、どのような欠陥が発生したのかを分析し、問題が大きくなる前に工程内の不備の改善につなげることを可能としている。

オンラインレポートシステムとは

以下動画はオンラインレポートシステムがどのように行われているかを説明したものである。

光沢面の自動外観検査装置やHelmee CSD®技術について更に詳しく知りたい方はご遠慮なくご連絡ください!ご連絡お待ちしております。

Helmee 佐々木遼子

SNSも更新中!ぜひフォローよろしくお願いいたします!

サンプルテスト実施中!

ご遠慮なくお客様の 製品をお持ちください

Helmeeではお客様のめっき、塗装、マット、サテン面等の光沢物の検査を行い、検査結果をご報告するサンプルテストを実施中でございます!ご遠慮なくお問い合わせください!

12 + 8 =

Helmee Imaging - logo