Helmeeの外観検査機がヨーロッパのマシンビジョン企業トップ10ランキング入り!

フィンランドのタンペレで外観検査機を開発、販売を行っている、Helmee Imaging(ヘルメーイメージング)がアメリカの機械雑誌出版社であるManufacturing Technology Insightによりヨーロッパのマシンビジョン企業トップ10にランキング入りした。

Helmeeの検査機はめっき、サテン、塗装面等、光沢のある表面から欠陥を検知することを得意としている。その検知結果は高精度で尚かつその検査時間は目視検査より早いもしくはほぼ同じである。それだけでなく、業界でも長い間難しいとされてきた立体物の検査も問題なく行う。それを可能にしているのは同社の特許技術、CSD®にある。今回のManufacturing Technology Insightによる弊社のCEOであるMika-Petteri Kuroへのインタビュー記事内で、同氏はCSD®技術の開発秘話とその可能性について赤裸々に語っている。

HelmeeCSDは国際特許取得済みのドームと3つのカメラの組み合わせの仕組みにより、光沢のある立体物を一度に広い角度からの検査を行うことを可能にしている。

Helmee CEO, Mika-Petteri Kuro

弊社CEOであるMika-Petteri Kuro氏は記事内で、CSD®について以上のように述べ、その技術の秘密について説明している。 記事は英語のみだが、是非一目通して欲しい。

光沢面の自動外観検査装置やHelmee CSD®技術について更に詳しく知りたい方はご遠慮なくご連絡ください!ご連絡お待ちしております。

Helmee 佐々木遼子

SNSも更新中!ぜひフォローよろしくお願いいたします!

サンプルテスト実施中!

ご遠慮なくお客様の 製品をお持ちください

Helmeeではお客様のめっき、塗装、マット、サテン面等の光沢物の検査を行い、検査結果をご報告するサンプルテストを実施中でございます!ご遠慮なくお問い合わせください!

6 + 4 =

Helmee Imaging - logo