フィンランドの外観検査機、Helmee CSDはどのような欠陥を発見できるのか。

*Music: https://www.bensound.com

北欧フィンランドに拠点を置くHelmee Imaging はめっき、塗装、サテン加工された表面の品質検査を専門にした外観検査機を開発、販売している。今までも自動車部品メーカーや衛生用品を製造している弊社のお客様が満足して使用しているのにはその性能に理由がある。本日は弊社の外観検査機HelmeeCSDでどのような欠陥を発見できるのかを紹介したい。

1.検知可能な様々な欠陥

2.検知可能なサイズ

自動車メーカーは車の部品の欠陥の大きさを例えば、0.3平方ミリメートルというように設定し、製造の注文を行っている。HelmeeのCSDは0.03平方ミリメートルの大きさの欠陥を検知することが可能である。人の目に見える限界の大きさは0.01平方ミリメートルと言われているが、それを光沢物の表面から発見することは困難である。

To learn more about CSD® technology and automated inspection of highly reflective products, please contact us.

We look forward to discussing the subject with you further!

Follow us on social media

Get a feasIbility study

Challenge us
with your own product

Our machine vision system recognizes all electroplating defect types — manual inspection is never capable to the same accuracy.

Challenge our game changing technology with Your products! Get in touch and let's get improving.

*Required field
Read our Data policy